はっちnote

流行りや人に流されず、どこまでもマイペースに、ときどきゴーイングマイウェイにいきています。

日々変化するという事

日々、気持ちや行動が変化すること。

 

 

 

「芯がない」

軸がぶれている

 

 

 

 

と思っていた。

 

 

 

 

 

 

サブカルの世界では、「自分の軸(こうと決めたらそれを貫き通す事)で生きる」事を推奨していて、私もそれを信じて生きてきた。

 

 

 

 

 

 

 

周りにも「ブレない」「変わらない」のが当たり前と信じている人達がたくさんいるから、その中にいれば安心だと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレない、変わらないと信じて疑わなかった自分の世界に反し、世の中はめまぐるしく変化していく。

 

 

 

 

 

自分の周りで「変化」が起きると「裏切られた」と感じ、と同時に強い不安感に襲われる。

 

 

 

 

 

変わってはいけないのに、変わってしまった。

(自分ではどうにも出来ない事なのに)何とかしなければいけない。

 

 

 

 

 

変わったものには「感謝します」「許します」「受け入れます」と唱え思い込むことで自分の信念を貫き通した。

 

 

 

 

 

 

変わってはいけないから、人を監視し自分を監視しなければいけない。

自分の信念に反するものを見つけると、怒りの感情が沸き起こり、変わったものをもとに戻すよう、支配と執着が始まる。

 

 

 

 

 

なんて生きづらいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自己満足」していないではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を満たす

 

 

 

 

 

 

 

という事は、自分の都合の良いように考え行動することばかりではない。

時には、自分が許せないと思っていることを「まぁいっか」と許すことではじめて満たされることもある。

 

 

 

 

 

 

 

苦しい・つらい

 

 

 

 

から、解放してあげる事が自己満足に生きる近道なのかもしれない。

 

 

 

ほぼ日刊イトイ新聞 「今日のダーリン」より

 

http://www.1101.com/home.html

 

 

・「変わらない」ということについて、人は、
それをなにか立派なことだと考えやすい。


「ふたりの愛はいつまでも変わらない」であるとか、
「あの人は、変わらないねぇ」であるとか、
そうありたいという気持ちを込めて言うし、歌う。

 

しかし、あらゆるものごとは変わりながら動いている。


変わらないとか、変わろうとしないというのは、
不自然にそういうふうにしなきゃ成り立たないことだ。

 

自説を絶対に押し通そうとする人が集まる会議がある。
政治の世界のテレビ中継なんかを見ていると、
なにがなんでも勝とうとしている人たちばかりだ。


相手の意見より、じぶんの主張を認めさせようとして、
ただただぶつかり合っているように見える。

「それもそうだな」だとか「あ、そこはたしかに」とか、
日常ではよく聞かれるようなセリフは、まったくない。


相手を認めないというだけでなく、
相手の意見も認めないというのが当たり前になっている。
そういう場所では、じぶんが「変わる」ということは、
そのまま敗北したということになるのだろう。

 

「変わらない」相手といっしょにいる時間ほど、
たいくつなものはない。


だれか、他人と同じ場にいるということの、
いちばんのたのしみは、
その新しい場にいることで、
いままでのじぶんが少しでも変わることだと思うのだ。


そこにいたからこその発見があるから、
じぶんでない人といっしょにいることは、おもしろい。
妥協だとか、調整だとか、駆け引きだとか、
あんまりいい言われ方はしないけれど、
どちらもが変わることで成立する、その場の答えがある。
そのおかげで、おおぜいが生きていられることになる。


こんなことも、「変わる」のおかげなのだ。 
「変わる」ことこそ、自然で、おもしろいことだ。

実は「変わろう」とするためには、いい方法がある。
口よりも、耳を開いていること、つまりよく聞くこと。
口が開いている間は、耳が閉じやすいのだ。

 

 今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
 頑固や拘りがおもしろいのは、おもしろがる人のおかげだ。

自己満足

また、「誰かの目」を気にしている。

 

 

 

 

こうしちゃダメ。

こんな風に言ってはダメ。

こういう服装はダメ。

これを食べてはダメ。

ここに行ってはダメ。

 

 

 

 

 

私の人生なのに、私の自由に生きられない。

 

 

 

 

 

 

”そう、私はカゴの中の鳥。いつか王子様が迎えに来て私を自由にしてくれるの。”

 

 

 

 

 

 

そんなおとぎ話を信じて、つまらない人生を歩み死んでいくのだろうか。

 

 

 

 

 

 

私は、自己満足という言葉をネガティブな意味で使いたくない。

 

 

 

 

 

 

 

自己満足して初めてやさしくなれる。

 

 

 

 

 

 

 

そう信じているから。

そう思う私を信じているから。

SNSから「期待しない生き方」を学ぶ。

いきつけの美容室でこんな会話をした。

 

 

 

Facebookやってる?

「まぁ、一応やってますけど」

「俺も商売の為にやってる。お客さんから友達申請がきたら”義理”で承認してるけど、何が楽しいのかわからない!誰が誰とどこで何をしたとか、どうでもよくない?」

「それが頻繁にとなると、「いいね」押すのも躊躇する時、ありますね(苦笑)」

「あれ、俺が思うに友達多い自慢だと思うんだよね。そういうのどうでもよくない?当人同士で楽しければ良いと思うんだけど。わざわざ投稿する意味あるのかな?」

 

 

 

 

 

退会して、再登録して、休み休みやってきたFacebookだけど

また最近「つまらない」と感じるようになってしまった。

 

 

 

そう感じていると、おのずと「思うところがあって」とFBをお休み

する投稿が目につく。

 

 

 

目につくという事は、私の本心も”そういう事”なのだろう。

 

 

 

共通の趣味の友達を見つける事を目的としてつづけていたけど、

友達になったところで、「趣味以外の部分」に互いに興味を持てなけれ友達としての関係は最初から成立していないと思う。

 

 

 

「所詮ネットの中だけ」と割り切るのは、相手に対しても自分に対しても

失礼極まりない事だ。

 

 

 

向こうもおそらく私の「共通の趣味」以外の話題などどうでもよくて、

そういう時は「いいね」が付かないので一目瞭然だ。

 

 

 

 

Twitterでも「○○専用アカウント」とか、「フォローしたのでフォロバしてください」といった内容のリプライを貰う事がある。

 

 

 

フォローせずにいると、数日でそのフォロワーさんがいなくなるという

事象を何回見ただろう。

 

 

 

いつしかそれは現実世界にも投影され、人とのつながりは

「ギブアンドテイク」が完全に成り立たないと消滅する関係性へと

変化しはじめている気がする。

 

 

 

 

そんな気がするのは、きっと私自身が人に対して「見返りを求めている」からだ。

 

 

 

 

 

頑張っている自分を認めてくれるだろう

言わなくてもわかるだろう

してあげたんだから、してもらえるだろう

 

 

 

・・・

 

 

 

「損してもいい」

 

 

 

 

「(見返りを)期待しない」

 

 

 

 

生き方にシフトチェンジしていこう。

私とあなたの目に映る世界

 

 

 

Facebookで繋がっている数少ない友人の投稿を見ると、


幼子がいる子は子供に関する事、ママさん向けの情報を
多肉植物が大好きな子は、多肉植物に関する情報を
仕事に追われている子は、仕事の愚痴や悩みを


投稿・シェアしている。

 

 


頭のどこかで、見ている世界が違う事を分かっていたはずだった。

一方で(友達)なんだから自分と同じ世界を見ているに決まっていると思っている自分もいた。

 

 


繋がっているのは「目」ではなかった。

初めまして。

初めまして。はっちと申します。

 

 

30代の会社員で主婦しています。
5歳年上のオットと二人暮らし。

 

 

 

私は、30代に入ってから今まで、「カリスマ○○」とか「キラキラ女子」みたいな人たちにとても憧れていました。
そういう人たちの発信するものを見て、真似して、一生懸命SNSで発信してきました。

 

 

「キラキラ女子」「カリスマ的存在」になりたくて必死に世の中にしがみついて生きてきました。

 

 

もともとメンタルも弱くて、何年にも渡って自己啓発だのスピリチュアルだのいろいろ独学で学んできて、
仕事のストレスで体調崩していろいろ悩んだ時期もありました。

 

 

そんな他人と比べた生き方、自己評価が低く自己顕示欲と承認欲求の強い自分に疲れ、そんな自分に疑問を感じ。

 

 

他人と比較せず「等身大の自分」で生きて行きたい!
「自分に自信を持って生きてみたい!」と思い、誰にも迷惑をかけず(?!)自己表現をすることを目的としてブログをはじめました。

  


今後もオットと二人暮らしで兼業主婦の予定。
好きな事をして生きている、"自称"多趣味で多才。

 

 

 

 

 

 

の私が、これからも「ありのままで私らしく」生きてる様を書き綴っていこうと思いますので、

 

 


どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

 

 


改めまして、自己紹介をいたします。

興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------

  

ブログネーム:はっち

 


年齢:30代

 


職業:会社員(ときどき主婦)

 


居住地:日本 福島県

 


趣味:ゴルフ、釣り、料理、レザークラフト、手芸、絵、DIY、園芸、多肉植物、音楽鑑賞、ライブ鑑賞、買い物、おしゃれ、
メイク、ギター、旅行、山歩き、フットサル、お囃子、写真、動画撮影、ブログ更新、筋トレ、絵画鑑賞etc・・・

 

 


Youtubeチャンネル】

hach Garden(多肉植物とベランダ菜園チャンネル)
https://youtu.be/vBv2X1uJSPk


はっちの365日360度(ぬい撮りなど、はっちの好きなもの)
https://youtu.be/1lhHpP1gxOA

 

Twitter
@hach_365_360

偽りなし、本音100%でつぶやいています。
素の私を垣間見ることが出来ます^^

 

 

 


こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。