はっちnote

流行りや人に流されず、どこまでもマイペースに、ときどきゴーイングマイウェイにいきています。

140文字で語りきれない事。

Twitterに「独り言」を吐き出す事が最近好きだ。

 

 

その理由は、多動な思考をタイムラインに吐き出す作業が私の頭の空き容量を
増やしてくれるから。

 

 

 

Twitterは親しい友人同士がつながる訳ではなく、
140文字という短い文字数で手軽に自分の考えを発信できる。

 

 

その手軽さに最近ははまっているのだと思う。

 

 

 


気になったらフォロー、興味がなくなったらアンフォローすればいい。

 

 

 


その割り切った「つながり」も人間関係が苦手な私にはちょうど良いのかもしれない。

 

 

 

 


匿名で、誰の目を気にすることなく、好きなことを好きなだけ話せる。

 

 

 

 

 

その「まとめ」をここで行う(最近はサボっていましたが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己顕示欲が強い性格が故、どうしてもバズるツイートや記事を書きたいと思ってしまうし。
ツイートしたら、見てくれた人の反応が気になってそわそわしたりもした。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、Twitterをやっていて思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

「いいね」

 

 

 

 

 

 

 


と思ったツイートの前後のツイートはいま、「いいね」と思った自分の目の前にはないのだ。


その人のその1つのツイートに共感しただけで、私はその人自身を「いいね」とは思っていない。
同様に他人も私をそういう風に見ているのだろう。

 

 

 


仮にインフルエンサーになったとして、私のすべてが評価されたという事ではないという事に
気が付いた。

 

 

 


ネットというツールである以上、個人情報に関わる事は話せないし公開できない。
その限定された情報の中から私という人間の事を知る事が出来るのは「一部」でしかない。

 

 

 

 

 

 


やっと、自己顕示欲から解放される時期が来たのかもしれない。

 

 

 

 

 

 


自由に好きなことを好きなだけ

 

 

 

 

 

 


のキャッチフレーズ通りに生きる時が来たのかもしれない。

 

 

 

 

 

この思いを残しておきたいけど、Twitterに書くと、どっかに行ってしまいそうなので。
ここに書いてみました。