はっちnote

流行りや人に流されず、どこまでもマイペースに、ときどきゴーイングマイウェイにいきています。

片付け出来ない、片付けが苦手。

hach365.hatenadiary.com

 


前の記事の続きっぽいようで続きっぽくないお話し。


両親の姿を見て・・・ってところが関連してるって事で!!!






私、片付ける事があまり得意ではありません。むしろ、苦手です。





実家にいた頃は、ゴミ箱にプラだろうが燃えるごみだろうが不燃ごみだろうがお構いなく捨てていた。
それをお父さんが分別して、ゴミの日にそれぞれ捨ててくれていた。

 


自分の部屋のゴミもお父さんがごみの日の前日に回収してくれていたΣ(・皿・;




キャラクターグッツやぬいぐるみ、ちょっとした小物を集めるのが大好きな家族。
いつも家の中は物で溢れかえっていた。

 


そんな家がとても居心地良かった。
実家の私の部屋は大好きなカエルグッツで溢れかえっている。今のそのままの状態です(汗)




片付け出来ない子でいる事で父は娘の為にと喜んでゴミ捨てをやってくれている。








じゃあ、お父さんにやらせればいいや(^皿^)ニヤリ
それが無口でぶっきらぼうなお父さんの愛情表現なんだもの。(と無意識に思っていたハズ)







はい、片付け苦手女 べっちーの出来上がり♬←コラ





実家を出て二人暮らしを初めて2年目になりますが、毎日のように「だらしない!」と叱られます。





実家にいた頃、毎日お父さんに言われていたのと同じ言い方で。




でも、実家にいた頃の私はニ〇センやベ〇メゾンに載っているようなオサレな家でオサレな家具に囲まれて生活することを夢見ていた。






今、その夢に近い場所にいる。







家具もインテリアも台所の収納も全部自分達の好きなように出来る。




元の住人(彼)がこまめに掃除していたおかげで(賃貸ってのもあるんだけど)壁も床も窓もシンクも綺麗。





でも、私は片付けが出来ない事で相手を喜ばせようと言う強い思い込みで汚す、散らかす、そして片付けない。







憧れの生活が遠のいていく。
毎日イライラさせて、大すきな彼との距離も遠のいていく。







自分を幸せにするために、幼いころの刷り込みは全部消して憧れの生活に書き換えよう。






自分で片付けていいよ。
自分でゴミを捨てていいよ。
自分で使いやすいように収納を変えてもいいよ。






ときめくってこういう事なのかな?





綺麗になった家で生活している自分を想像するとワクワクする。
幸せな気分になれる。





うん、ちょっとずつ片付けしたくなってきた。













まずは会社帰りに車の中のゴミを捨てようかな。







昨日のアイスコーヒーのゴミ置きっぱなしだし(爆)









ひぃぃぃぃぃぃぃ!