なっちゃんの365日

自分らしく、ときどきゴーイングマイウェイに生きています。

D・カーネギーの対人力を読んで

D・カーネギーの対人力という本を読み始めたばかりでこんな事を書くのはどうかな?と思ったけど
忘れないように記録していこうと思う。

 

自分からネガティブを発信しないようにしようと思って次の日からもうネガティブを発信している。


自分を卑下するような発言だったり、後ろ向きな言葉、愚痴・噂話のような事、否定的な意見。
しかめっ面、低いトーンの声、話かけられた相手の方を見ずに返事。

しっかりと意識していないと、すぐネガティブを発信してしまう。


自分がこんなにもネガティブだから、それに見合った人しか寄ってこないし、そういう人居る方が
楽だと無意識に認識してしまっているのだろう。


人と接してストレスを受ける事が当たり前になっている。
もはやそれがストレスだと感じていないのかもしれない。


今まで、慢性的に頭痛がする事もよくわからないけど日常的に体調が悪い事にも何の疑問も感じていなかった。

 

習慣と言うものは本当に恐ろしい。

 

そして、一度身についてしまった習慣を取り除くのは本当に大変なんだ。


ネガティブを発信しないようにしようという考え方自体、自分をネガティブな人間と卑下している事になるのではないか?


それなら、「直接的にも間接的にも、自分がされて嫌なことは人にしないようにする」いや、「自分がされたら嬉しい/気分がいいと思える事を相手にもしてあげる」
と考えたらどうだろうか?


人からそっけない態度を取られて、一日中気分が悪い日があった。
それ、自分も人にやっていないか?


不機嫌になるなのは自分のせい。
それを人に向けて発信するのはちょっと違う。

自分の態度のせいで相手を嫌な気持ちにさせてしまう。


その小さな出来事が蓄積され、やがてその相手も自分に同じような態度を取るだろう。

その時、自分はどう感じるだろうか?

 

-----------------------

 


自分を卑下して、今の自分を否定して押し殺して無理するより自分が楽になる考え方で自分を変えていった方がきっと成功するはずだ。


最初は絶対「嫌がられたらどうしよう。変な人と思われたらどうしよう。」という恐怖心があるから、なかなかすぐには出来ないかもしれない。


まずはその恐怖心を取り除くことから始めるのが良いのかもしれない。

「自分が思っているほど、相手は自分を嫌ってはいない。」そう信じ込ませることが大事。

 

本の内容は他の自己啓発本にも書かれているような事もあるし、ビジネスで成功するにはと、今の自分の働き方をちょっとかけ離れた内容もあるけれど、こうしてアクションを起こす原動力になっているのは間違いない。


ネガティブな感情を表に出さないようにしましょう
愚痴・不満・陰口・噂話はしないようにしましょう

 

と、臭いものに蓋をするように自分の感情に蓋をするのではなく、そういった自分のネガティブな感情としっかりと向き合う事。


なんでそう感じているのか?ひとつひとつじっくりと分析・観察する時間を持とう。
もし、それが自分にとって不要な感情であればきっぱりと手放すことを心がける。


ネガティブを否定するのではなく、受け入れ・手放すことをやってみよう。


あとは、一度に色々なことをやろうとせず、一つの事に集中するようにする。

それぞれの物事に全力で取り組もうとしても、パワーが分散してしまい、かえって疲れてしまったり続かなかったり失敗する原因になるから。